HOME>FK23の特許
FK-23の特許取得実績

FK-23の感染防御効果

マウスに抗炎症薬を与えて免疫力を低下させてからカンジダ菌を感染させ、その後の致死率を調べました。FK-23を与えない(0mg)マウスを対照とし、このマウスが2週間で全例致死するようにカンジダ菌を血中に投与しました。

抗炎症薬はカンジダ菌投与4日前と2日前に皮下投与しました。FK-23は0.63~10mgの間で6つの濃度で、カンジダ菌投与3日前から投与直前まで経口投与しました。カンジダ菌投与後、3週間にわたりマウスの生存率を調べました。FK-23投与群は対照群に比べ、2週間後、3週間後の生存率が大幅に高まりました。

抗炎症薬投与郡
マウスの抗炎症薬投与

FK-23の抗腫瘍効果

マウスをFK-23群と対照群に分け、MM46乳ガン細胞を腹部皮内に移植しました。移植翌日からFK-23を含む飼料を、対照群には通常飼料を与えました。その後、移植4日後から3日おきにガン組織の径を測定し、移植41日目にガン組織を摘出して、重量を測定しました。

その結果、移植18日目から対照群に比べ、FK-23群のガンの大きさが有意に小さくなりました(図1)。また、対照群に比べ、FK-23群では有意なガンの重量抑制が認められました。(図2)

ガン移植後の日数
ガン重量

FK-23の毒性軽減効果

ラットを無処置群(A群)、FK-23前投与郡(B群)、FK-23後投与群(C群)、FK-23前後投与群(D群)に分け、抗がん剤のシスプラチンを各群のラットに腹腔内投与しました。シスプラチン投与後に各群の体重を測定し、シスプラチン投与4日後に採血を行い、肝機能の指標となる血中尿素窒素値(BUN値)及びクレアチニン値を測定しました。

A群に比べ、B群、C群及びD群で、BUN、クレアチニンともに上昇抑制が見られ、肝機能の改善が認められました(表1)。また、対照群に比べFK-23を投与した全ての群で、体重減少抑制および回復促進効果が認められました(表2)。

FK-23の白血球減少抑制効果

健常な犬を対照群とFK-23群に分け、抗ガン剤であるシクロフォスファミドを3日間注射し、白血球数が低下した状態にしました。抗ガン剤を与えると同時に、FK-23群にはFK-23を混ぜた食事を、対照群には普通食を摂取させました。14日間、全ての犬について、血液学的検査及び骨髄の検査を行いました。

白血球数グラフ

その結果、対照群では抗ガン剤投与8日目に白血球数が最低となり、その後上昇しました。一方、FK-23投与群では、白血球数が最低値であったのは7日目であり、対照群よりも早い回復、改善への転換が見られ、速やかに白血球数が増加しました(図1)。

また、血球細胞の元となる骨髄成分も調べ、白血球総数(M)の赤血球総数(E)に対する比(M/E比)を確認しました。抗ガン剤投与から、5日、11日及び14日目でのM/E比は、対照群で著しい低値を示しているのに対して、FK-23投与群は増大が観察され、化学療法剤による骨髄機能抑制の改善、白血球数産生の促進が認められました(表1)。

FK-23によるC型肝炎改善効果について

FK-23によるC型肝炎改善効果

ミャンマーのヤンゴン市にある国立の研究機関「Department of Medical Reserch」にある病院のC型肝炎患者にFK-23を摂取してもらいました。

食べ始めてから3か月目に採血し、肝機能の指標となるALTを測定したところ、15名のうち、14名でALT値の低下が確認され、半数以上の方で正常値となりました。

FK-23による抗酸化誘導能

※特許は未取得

ゴルフ部に所属する大学生にFK-23を1週間摂取してもらったところ、血清の抗酸化誘導能が高まることが確認できました。そのほか、筋疲労マーカー(乳酸)、ストレスマーカー(コルチゾール、アミラーゼ)の改善がみられました。

FK-23摂取群では、血清中の一重項酸素を除くすべての抗酸化誘導能がプラセボ摂取群より高い値を示しました。特に、ヒドロキシルラジカル、メチルラジカルは顕著な増加を示しました。また、筋疲労マーカーやストレスマーカーで改善傾向が確認されました。
抗酸化誘導能
筋疲労マーカーの改善
ストレスマーカーの改善

脂肪肝抑制

※特許は未取得

飲酒の習慣がないのに脂肪肝と診断される人が増えています。食生活や運動習慣、不規則な睡眠などが原因の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の患者は、日本では200万人と推測されます。また、前段階の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は1,000万人以上と言われています。

FK-23による脂肪肝に関する効果

マウスに高脂肪食を与えてNASHを誘導すると同時にFK-23を与えて、どのような効果を示すのかを調べました。 その結果、FK-23を摂取することで、肝機能の指標となるトランスアミナーゼ(ALT)値および血糖値の低下が認められ、病理学的にも脂肪肝の軽減を示しました。さらに肝臓での脂肪酸合成の抑制などが確認されました。その一方で、FK-23は小腸からの脂肪の吸収を抑制しなかったため、体内での脂肪代謝に影響を及ぼしたことが強く考えられました。

  普通食 高脂肪食 高脂肪食
+FK-23
血糖値(mg/dL) 70.6 130.8 104.8
ALT(IU/L) 68 177 69